ニイチのブログ

所有不動産を売却するときの流れ

「マイホームを売りたいけど、何から始めて、何をしたらよいのかよく分からない?」「いくらで売れるのか?」「築年数もかなり経過して老朽化してるけど、そもそも売れるの?」等の不安や疑問を持たれる方もあるかと思います。
そんな不安や疑問を解消するには、売却の流れをしっかりと理解して、安心な不動産売却を行いましょう。

 Step1売却を考える

まずは売却の目的、理由を確認しよう。家族構成、経済状況や環境の変化または相続等により売主様のご事情によって売却理由は様々です。
また、どれぐらいの金額で売却したいのか、相場は?など「売却を考えよう」と思ったら先ずは、信頼できる地域の不動産会社に相談しましょう。

Step2信頼できる不動産会社に相談する。

安心安全な取引を行うには不動産会社は欠かせません。ご所有不動産の売却を考えてる理由やスケジュールまたどれ位の価格で売れるのか、売却に必要となる諸経費や税金は?まずは信頼のおける地域の不動産会社に相談しましょう。

Step3所有不動産の価格査定を依頼する

所有不動産の売却をする売主様は「できるだけ高く売りたい」と考えまた買主様は「気に入った物件を少しでも安く買いたい」と思うのが当然です。
不動産の売却はご所有の不動産がいくら位で売却できるのか把握が必要です。
市場価格には相場がありますので、相場とかけ離れた価格では売却が難しくなります。
専門家に市場の動向やエリアを考慮した価格を査定してもらいましょう。 

Step4売却を依頼しよう。

売却をする意思が決まったら、不動産会社と媒介契約を締結します。
この媒介契約には3つの種類があり、それぞれ内容を理解のうえ媒介契約を結ぶようにしましょう。

Step5媒介業者よる販売活動

媒介契約を結ぶと、いよいよ売却に向けて販売業者によるさまざまな媒体や手段を活用し売却活動が開始されます。
購入希望者に気に入っていただけるよう物件の魅力を最大限引出しための準備をしましょう。

Step6購入申込み(交渉と契約の準備をする)

購入希望者から「購入申込書」を受取ったら、ご希望される価格や具体的な条件のすり合わせ行い売主様、買主様で合意に至ったらいよいよ売買契約の準備に入ります。

Step7売買契約の締結

売主様、買主様の合意された内容を書面し、売買契約を結びます。
契約書は売主様、買主様双方の権利や義務などが記載された書面です。 

Step8引渡に向けて準備をする

契約の締結が終わったら、引き渡しに向けての準備に入ります。
既存住宅ローンの完済手続きや抵当権の抹消手続き、公共料金の精算等また実測売買の場合は測量の手配が必要となります。

 Step9残金決済と引渡し

契約時に約束した内容で司法書士(各種登記手続きを行います)立会いのもと引渡し行います。
売主様は売買残代金の受領と同時に所有不動産(鍵)を、買主様へ引渡し、また固定資産税等の各種負担金の精算を行い売却の手続きが完了します。

「失敗しない!不動産売却の9つのステップ!」特集

この記事のタグ

この記事をかいた人

代表の伊井勝則でございます。ご覧いただきありがとうございます。地元代々木歴60年です。代々木八幡、代々木公園、代々木上原周辺の素晴らしさをお届け致します。まずは、賃貸・売買専門スタッフに、お気軽にご相談下さい。

次の記事
前の記事

同じカテゴリの最新記事