ニイチのブログ

緊急事態宣言の日を境に大きく変化した、賃貸マンションオーナー様の動向の変化と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)

緊急事態宣言の日を境にユーザーの動向が大きく変化

コロナウィルスの拡大によってアクセス数が減少しましたが、緊急事態宣言を受けてユーザーの動向が大きく変化してきました。

賃貸マンションのオーナー様からのご相談の殺到

賃貸管理会社として代々木公園エリアを拠点に地域密着した企業を展開していた弊社ですが。
ここにきて、代々木公園エリア以外の様々なエリアからのオーナー様からご相談を頂くことが増えてきました。

新型コロナウィルスの影響で賃貸借契約がキャンセルになってしまった

オーナー様にとっては大打撃ですよね。
東京都の緊急事態宣言された日が2020年4月7日
この宣言を受けて、多くの企業様は新入社員の入社式や4月転勤の方たちの移動が中止、もしくは見送りとなりました。
2020年3月下旬、契約前の賃貸借契約はほぼ契約にならずにキャンセルになってしまったといった相談が増えました。

新型コロナウィルスの影響で空室が埋まらない

毎年、お引越しシーズンは1月から3月
繁忙期を逃してしまい、さらに新型コロナウィルスの追い打ちでお部屋の空室が埋まらないという相談も増えました。

解雇・派遣切りされた入居者が退去となった

雇用の変化に伴い、既に退去の申請が増えてきています。
このことに不安を覚えたオーナー様が解雇・派遣切り等にあった入居者を守る方法はないかと相談が増えてます。

テレワークで家にいる時間が増えたことによる近隣トラブルの増加

会社に出勤していた時は気づかなかった賃貸マンションの近隣の生活音
テレワークの会議の最中に気になって発生した近隣トラブル
生活時間が増えたため増えた家庭ゴミが引き起こすトラブル
困ったオーナー様が弊社までご相談にくることも多いです。

テナント料・家賃の減額交渉

新型コロナウィルスの影響により、管理物件のテナント様より減額交渉を受け
減額交渉に関する考え方や交渉の仕方や
その際の書類の作成の際の相談が増えております。

現在、任せている管理会社が在宅勤務になってしまって連絡がつかない

困ったことに、新型コロナウィルスの影響で大手中小企業関わらず管理会社と電話がつながらなくなってしまい
近隣住民のトラブルや入居者からクレームを相談できるところがないということで
弊社に相談されるオーナー様が増えてきました。

賃貸管理会社の重要性の再確認

とても悲しいのが、困ってらっしゃるオーナー様のほとんどが
現行で賃貸マンションを管理している管理会社の連絡がとれない
もしくは、適切な回答がないということで弊社にセカンドオピニオンとして相談しているという点です。

いつでも対応できて、どんな相談でも柔軟に応答することの大切さ
賃貸管理会社の重要性を再確認させていただきました。

株式会社ニイチでは賃貸経営に関するどんなご相談でもお待ちしております。
賃貸経営にお困りのオーナー様は是非弊社までご連絡ください。

この記事のタグ

この記事をかいた人

【代々木公園歴】は【30年越え】!生まれ育った地元の賃貸・売買のお部屋を紹介します♪ お部屋紹介もですが、代々木公園界隈のおいしいお店も紹介しちゃいます! 代々木公園に住んでからもよい関係を築けるようなご案内を心がけております。

次の記事
前の記事

同じカテゴリの最新記事