ニイチのブログ

準備できていますか?マンション購入までの正しい流れ

マイホームの購入は、多くの人にとって大きな夢の一つ、しかし人生において大きな買い物ということもあり「ほんとうに今が買い時なのだろうか」等の不安が伴います。
また購入を決断しても「実際にどのように進めてよいかわからない」後悔しないためにも正しい知識を身につけて、理想のマイホームを手に入れてほしいものです。

Step1どのような家に住みたいかイメージをする。

「マイホームの購入を考えたら」先ずは、希望の条件をすべて満たすのは難しいかもしれませんが、現在の家族構成やライフスタイルを考慮し、自分やご家族にとっての理想な住まいをイメージします。

Step2無理のない資金計画をたてよう!

マイホームの購入を考えたときに、住宅ローンを組んで、毎月返済していくのが一般的で、不安要素の一つです。これから数十年と返済していくわけですから無理のない資金計画を立てることが重要です。

Step不動産会社に連絡し実際に物件を見学してみよう

思想の住まいのイメージが出来たら希望エリアと予算に合う物件の情報を集めます。気になる物件が見つかったら、不動産会社に連絡をして実際に見学をさせてもらいましょう。
実際に見ることによって、思ったより良くないことや反対に思っていた以上良かったケースがあります。

Step4住宅ローン事前審査と購入申し込み

希望の物件に出会えたら「購入申し込み」を提出します。これは「この物件を買いたい!」という購入の意思を示すものです。契約希望日、引渡し希望日、住宅ローンの借入有無などを記入提出によりいよいよ売主さまとの交渉がスタートします。
また申し込みと同時に住宅ローンの事前審査を受けるのが一般的です。

Step5重要事項説明と売買契約の締結

買主が最終的な契約の判断をするために宅地建物取引士より重要事項説明をします。わからないことや疑問点は遠慮せずにしっかりと確認しましょう。
次に売買契約の締結となります。売買契約書の案文は不動産会社が作成しますので、締結前に売主と合意した内容やその他の契約条項等を確認、理解しておきましょう。

Step6決済・引渡し前の準備をしまう。

契約締結が済んだら必要書類をそろえて住宅ローン本申し込みや入居のための準備をします。

Step7残金決済と物件の引渡し

買主が売買残代金を支払うことを「決済」といいます。決済と同時に司法書士により所有権移転登記が行われ、買主は売主より物件の鍵を受取り引き渡しが完了します。

この記事のタグ

この記事をかいた人

代表の伊井勝則でございます。ご覧いただきありがとうございます。地元代々木歴60年です。代々木八幡、代々木公園、代々木上原周辺の素晴らしさをお届け致します。まずは、賃貸・売買専門スタッフに、お気軽にご相談下さい。

次の記事
前の記事

同じカテゴリの最新記事