家族信託って? ♯1

家族信託

こんにちは、代々木公園不動産 ニイチです。

 

今回は、家族信託制度は、賃貸経営オーナー(大家さん)の重要なテーマである「財産の管理と継承対策」になり得まるので、その内容をご理解いただきたいと思います。

 

家族信託

 

大切な財産を凍結させないために!

 

所有者、大家さん、受益者

 

アパートの所有者(大家さん)Aは長男Bもアパートの管理と運営をさせ、家賃は所有者Aの所得をしたいと希望しています。

このことは親子ですから、長男Bが了承すれば可能ですが、その後、所有者Aが認知症で意思表示ができなくなった時に、アパートに管理・運営で起こる問題のすべてを長男Bの判断で行ったり、不測の事態で所有者Aに費用が必要な場合にアパートを売却して、所有者Aの資金に変えるという行為は、長男Bの判断では出来ません。

 

受託者

 

また長男Bが後見人となる方法はございますが、家庭裁判所の監督下となるので「新たな借金や投資、不動産の購入などは基本的にはすべてがNGで死亡するまの財産を凍結しておく」状態となっていまいます。

 

そこで、このようなときに「家族信託」が活用できます。

所有者Aが委託者兼受益者となり、長男Bが受託者となり信託契約を締結します。(下記図参照)

この時、アパートの所有権は2つに分かれ、名義は長男Bに渡り受益権が所有者Aに生じます。

登記権利者は長男Bですが、移ったのは名義だけなので贈与にはならず税金も発生しません。

 

図参照、家族信託、委託者、受益者、受託者、信託契約

こうすることで、所有者Aが意思表示ができなくなっても、委託された長男Bの判断でアパートを運営管理して所有者Aに家賃収入をもたらしたり、所有者Aの為に売却をすることも可能になります。

 

長男Bがどこまで出来るかは「信託契約」の内容によります。

これが家族信託による「凍結させない財産管理」の一例です。

 

次回は家族信託ってなぁ~に? ♯2「財産で揉めさせないために」

 

代々木公園不動産ニイチの賃貸管理の詳細はコチラ

 

友だち追加

 

 




代々木公園エリア専門不動産の
管理会社ニイチの賃貸管理

地元密着型不動産の丁寧な賃貸管理で、大家様も入居者様もより満足いただけております。長く快適な暮らしと確実な賃貸経営を目指すならニイチまで。




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

代々木公園・代々木八幡・代々木上原周辺で、賃貸・売買のお部屋を探すなら当店にお任せください。当店は千代田線代々木公園駅1番出口を出た駅前商店街沿いにある不動産会社です。代々木公園、代々木八幡、代々木上原周辺を中心とした賃貸住宅や店舗事務所を専門にご紹介をしております。代々木公園エリアは渋谷まで続く宇田川遊歩道や、春には桜が綺麗な代々木公園など都心に近く緑豊かで静かな街です。人気の奥渋エリアにはお洒落なカフェやレストランなどが並んでいます。ひとり暮らしの方からファミリーの方まで幅広い人気がある街です。